MENU

妊娠中に必須の葉酸と鉄分がまとめて摂れるおすすめのサプリを紹介!

妊娠が分かってから積極的に飲んだのが、葉酸サプリメントです。妊娠中は葉酸が2倍必要なので、赤ちゃんのために積極的に摂る必要があります。
食品ではレバーに多いですが、妊娠中は臭みのある食べ物は気分が悪くなる為避けていました。
そこで飲み始めたのがベルタ葉酸サプリです。妊娠中に必要な葉酸を摂る事ができ、ビタミンAとDなど脂溶性ビタミンがバランス良く入っています。
葉酸サプリを飲む際に気をつける事は、添加物と放射能です。胎児に悪影響があるものを毎日飲む訳にはいきません。ベルタ葉酸サプリは無添加で、放射能は検査済みで検出されていないので安心です。
妊娠中は毎日飲んでいましたが、特に身体には変化を感じませんでした。
葉酸以外にはカルシウムを積極的に摂っていました。カルシウムはサプリではなく、ごまや小魚を食べました。牛乳はお腹がゴロゴロして下痢になるので飲みませんでした。
赤ちゃんのためにも市販されている添加物入りのパンやお菓子は食べませんでした。料理も冷凍食品は使わずに全て手作りです。
しかし葉酸だけはレバーが食べられなかったので、ベルタ葉酸サプリは重宝しました。

貧血を指摘されてヘム鉄の鉄分サプリメントを飲みました

初めての妊娠だったのですが、つわりもなく順調に妊婦生活を過ごしていました。
しかし、妊娠7か月の時に検診で貧血を指摘されました。
ヘモグロビンの数値が7まで下がっていたのです。
そういえば、最近、立ちくらみを感じたりめまいを感じることがありました。
先生からも、鉄剤の服用を勧められて飲んでいたのですが、胃がむかむかしたり吐き気を感じることもあり先生に申し出たところ、食事や鉄分のサプリメントの摂取をするように言われました。
まだ、出産まで3か月以上もあったので、できるだけ安いものがよいと考えDHCのヘム鉄のサプリメントを購入し飲んでいました。
飲んでいると、貧血特有のフラフラしためまいを感じることがありませんでした。
長時間立っていても「ふらっ」とするようなこともなくなりました。
一袋当たりの単価も安いので、続けられやすかったのが何よりのメリットです。
食事面では、苦手なレバーを週に二日ほどは食べるように気を付けていました。
ほかにも、アサリや干し芋、ヒジキ、ホウレン草なども積極的に日常の生活に取り入れました。

妊娠中に飲んでいた葉酸サプリと鉄分サプリ

妊娠がわかって病院で妊娠判定を頂いたその日から葉酸だけは摂取しました。
妊活中から摂る人も多い中、それをしていなかったので少し不安な気持ちもありました。
特に妊娠初期は葉酸が不足すると胎盤剥離や神経系の障害などといったトラブルを起こしやすいと言われ、サプリのほか、ブロッコリーだけのサラダや葉酸が豊富な野菜を調べて調理していました。

また、元々貧血の傾向があり、だんだんと貧血の自覚症状も出ていたので、妊娠後期は通勤前に通院して鉄分を補う点滴を打ったり自宅でも鉄分をサプリで摂取したりしていました。
初期の頃にはほうれん草、キャベツ、アスパラ、レバーなど。
鉄分が不足すると、ただでさえ苦しいのにさらに息が切れて本当に苦しい状態になります。
なので積極的に鉄分は摂っていました。
また、カフェインの入ったもの(コーヒー、紅茶、お茶など)を飲むと、せっかく取り入れていた鉄分が吸収して奪われると聞いたので気をつけていました。